角印というはんこ

角印角印とは会社印、社印とも呼ばれる社名の入った法的に届け出の必要のない法人用の認印(はんことも言います。)の事を言います。領収書や各種の書類に捺印され会社、法人や個人の事業を象徴するもので、極めて重要な印鑑でもあります。文字数のバランスが重視され、社名の後に「印」や「之印」と使い分けして字入れされています。丸印との違いは法律上はありません。但し、丸印は印鑑登録済みの代表者印、角印、銀行印は印鑑登録なしのものと使い分けがされています。このように、角印は会社でなくてはならない存在で、重要な役割を担っていると言っても過言ではありません。角印なしでは仕事が成り立たないことも多々ありますので、インターネットが主流の現在ですが、はんこもこのように会社事業で代表的役割を果たしているのです。大事にしたいものです。

彫り方をご説明いたしますと、右から左に向かい、会社名を縦書きに彫ります。角印の大らかさと気品、風格は会社の発展存続を表すような力強い字体が吉とされていて角印が凶相であると会社の存続危機の可能性を示唆されるようです。このような角印は銀行印と共に会社設立後の実務上、必要になります。法人はもちろんのこと、個人事業主でも屋号ありの場合は作っておいた方が良いでしょう。企業相手の商売には欠かせないものです。予算的に厳しいとあれば、ゴム印でも構わないです。当サイトは皆様が角印を購入して使いこなせますように、角印の活用購入のポイントを詳しくご説明いたします。