角印の活用

角印の活用についてご説明いたします。角印は会社設立に用意すべき3つの法人印鑑の中の1つですから、会社設立の際にはご購入をお勧め致します。因みに3つの印鑑は実印、銀行員、角印となっています。その中で角印は社印という役割を果たす大切なものなのです。角印はビジネスにおいて日常的に使う機会が多い印鑑です。社名が書いてありますので、社印とも呼ばれるのです。

認印角印は見積書、請求書、領収書等、実印を押すほど重要ではないが、普段よく使う書類に利用されます。角印に決まった形はありませんが、一般的に正方形で四角いです。このような形なのは「社印は四角」という慣例からで、特に法律的に「社印は四角」と決められているわけではないのです。大体は「株式会社○○之印」と記載されていていますので、会社の「認印」とも言えます。このように、角印は会社の事業において幅広く活用されているのです。(たいていの会社はこの角印を保持しています。)また、先ほど説明しましたように、会社設立時に準備すべき法人印鑑の1つとなっていますし、リスク回避や業務の効率化のために用意しておきたいものです。それに、日常的に活用できますので、購入しておけば、会社事業においての用途は幅広くあり、何かと便利なこと間違いなしと言えます。