角印購入のポイント

角印角印を購入する際のポイントについて考えてみましょう。角印は会社としての権威ある印です。慎重に選ぶのはもちろんのこと、その会社に合う予算内で納まるようにすることも大事でしょう。とはいえ、会社の顔ともいえる大事な印なので、出し惜しみをするのも良くありません。予算内で高すぎず、安すぎずといったところが適正なところと言えます。なんといっても文字バランスが大事な角印ですので、会社の権威のために文字の均整がきちんと取れているかはよくチェックしましょう。

印材選びもポイントのひとつです。値段は印材によって様々です。たとえば、あるサイトでその値段を見てみましょう。1番安いものは「アカネ」で4100円~で、1番高いものは百年チタンで73960円です。このようにピンからキリというのが相場です。安いものと高いものの違いはその印材の質によるものです。どの印材の物を購入するかは会社の意向に従いましょう。また、このような印材はサイトでも見られますが、写真のみですとイメージ付けて見てしまうので、実物が写真と違うと思われる事もあり得ます。ですから、ご心配な場合はお店などに行き、ご自身の目でご覧になるのも良いでしょう。会社としての権威を大切にして角印を選ぶことがそこの社員一人ひとりへの心配りにもなるのです。角印は会社を支えます。

角印の活用

角印の活用についてご説明いたします。角印は会社設立に用意すべき3つの法人印鑑の中の1つですから、会社設立の際にはご購入をお勧め致します。因みに3つの印鑑は実印、銀行員、角印となっています。その中で角印は社印という役割を果たす大切なものなのです。角印はビジネスにおいて日常的に使う機会が多い印鑑です。社名が書いてありますので、社印とも呼ばれるのです。

認印角印は見積書、請求書、領収書等、実印を押すほど重要ではないが、普段よく使う書類に利用されます。角印に決まった形はありませんが、一般的に正方形で四角いです。このような形なのは「社印は四角」という慣例からで、特に法律的に「社印は四角」と決められているわけではないのです。大体は「株式会社○○之印」と記載されていていますので、会社の「認印」とも言えます。このように、角印は会社の事業において幅広く活用されているのです。(たいていの会社はこの角印を保持しています。)また、先ほど説明しましたように、会社設立時に準備すべき法人印鑑の1つとなっていますし、リスク回避や業務の効率化のために用意しておきたいものです。それに、日常的に活用できますので、購入しておけば、会社事業においての用途は幅広くあり、何かと便利なこと間違いなしと言えます。

角印というはんこ

角印角印とは会社印、社印とも呼ばれる社名の入った法的に届け出の必要のない法人用の認印(はんことも言います。)の事を言います。領収書や各種の書類に捺印され会社、法人や個人の事業を象徴するもので、極めて重要な印鑑でもあります。文字数のバランスが重視され、社名の後に「印」や「之印」と使い分けして字入れされています。丸印との違いは法律上はありません。但し、丸印は印鑑登録済みの代表者印、角印、銀行印は印鑑登録なしのものと使い分けがされています。このように、角印は会社でなくてはならない存在で、重要な役割を担っていると言っても過言ではありません。角印なしでは仕事が成り立たないことも多々ありますので、インターネットが主流の現在ですが、はんこもこのように会社事業で代表的役割を果たしているのです。大事にしたいものです。

彫り方をご説明いたしますと、右から左に向かい、会社名を縦書きに彫ります。角印の大らかさと気品、風格は会社の発展存続を表すような力強い字体が吉とされていて角印が凶相であると会社の存続危機の可能性を示唆されるようです。このような角印は銀行印と共に会社設立後の実務上、必要になります。法人はもちろんのこと、個人事業主でも屋号ありの場合は作っておいた方が良いでしょう。企業相手の商売には欠かせないものです。予算的に厳しいとあれば、ゴム印でも構わないです。当サイトは皆様が角印を購入して使いこなせますように、角印の活用購入のポイントを詳しくご説明いたします。